身近な日用品が肌を傷つけている可能性があります

接触皮膚炎は次のような日用品にも注意が必要です。気づいたら早めに診療を受けましょう。


化粧品

目と口のまわりは、皮膚が薄く弱いところ。顔にトラブルがあると化粧かぶれと思いがちですが、洗いすぎると、パック、日焼け止め、メイク落とし、界面活性剤、つけまつ毛の接着剤などに刺激反応を生じやすくなります。特に40歳代は洗いすぎに注意しましょう。


日焼け止め

日焼け止めは、光老化の対策に有効です。しかし、紫外線吸収剤が入っていて、汗をかくと染みる人は、紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルタイプを使うようにしましょう。


毛染め

白髪染めやおしゃれ染めでは、アレルギーが重症化して、顔が腫れる、頬から頸部(けいぶ)に皮膚炎が広がることがあるようです。染めている最中や翌日に皮膚や頭皮に違和感があったら、毛染めアレルギーになっている可能性があります。皮膚科の専門医に相談した方がよいでしょう。


爪のおしゃれ

ネイルの接着用アクリル樹脂は、皮膚につくとかぶれることがあります。扱いに慣れていない人や手荒れなどで皮膚が荒れていると、爪のおしゃれでアクリル樹脂が入りやすくなるので注意しましょう。


テープや絆創膏

医療用の接着剤で接触皮膚炎を起こすことがあります。テープや絆創膏(ばんそうこう)にかぶれやすい人は、病院や歯科で治療を受ける前に医療者に話しましょう。また、絆創膏を貼り、湿って白っぽくなった皮膚のまわりに水っぽい発疹が出る場合は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるようです。


意外にも身近な日用品に皮膚の症状を悪化させてしまうことがありますので、皮膚の症状に気をつけましょう。


閲覧数:16回4件のコメント

最新記事

すべて表示