top of page

早めのインフルエンザ予防接種をおすすめします

 冬の季節性感染症の代表は何といってもインフルエンザです。そして今年は早めのインフルエンザワクチンの接種をおすすめします。なぜなら、2シーズン続けて流行がなかったため、日本人のほとんどが抗体活性を失っている状態で、抵抗のない多くの人の間で大規模な流行が起こる可能性があると言われているからです。


 昨シーズンと一昨シーズンに全く流行が見られなかった理由としては、社会全体が手指消毒やソーシャルディスタンスなどの感染管理を徹底していて、インフルエンザウイルスによる人から人への感染が起こらなかったためと考えられています。

 また、インフルエンザウイルスは、感染者と距離を取っていたとしても短時間同じ空間にいるだけで感染してしまうことがあり、湿度が30%以下になると急激に感染力が増します。


これらの理由から、今年は早めにインフルエンザワクチンを接種すること、そして自宅やオフィスの加湿とアルコールでの消毒が感染予防に重要です。


 当院でも夜20時まで診療し、インフルエンザワクチンの接種も実施しております。毎日たくさんのご予約をいただいておりますので、待ち時間を減らすためにも、ネットよりご予約いただいてから来院していただくことをおすすめします。


閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page