インフルエンザ

毎年世界中で流行を認めており、日本では例年11月頃から始まり、1月から2月にピークを迎え、4月過ぎに収まっていきます。

インフルエンザは自然に治ることもあり、必ずしもインフルエンザの薬が必要というわけではありません。しかし、インフルエンザに罹ることにより肺炎や脳症などを起こすことが知られているため、風邪と区別して治療していく必要があります。また、高齢者や免疫力が低下している患者さんでは容易に肺炎を合併し死亡することもあるため注意が必要です。感染力が高いため、こういった方々に移さないためにも予防や早期診断・治療が望ましいと考えられます。

原因

インフルエンザウイルスが気道の粘膜に感染することにより発症します。咳や鼻水などを介して他の人に移るといわれています。

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があり、冬に流行する「季節性インフルエンザ」を引き起こすのはA型とB型です。

A型:重篤な症状を呈します。十数年に一度大流行する原因のインフルエンザウイルスです。またB型に比べ予防接種の有効性は少ないといわれています。

B型:A型よりも症状は軽度と言われますが通常の風邪よりも重篤な症状となります。予防接種がより有効といわれています。

C型:風邪と同じ様な症状で一度感染すれば免疫が得られ、その後かかることはないとされています。

症状

咳やくしゃみ、鼻水などを介して人に移ります。1~5日程度の潜伏期間があり、その後高熱、関節痛、寒気、のどの痛み、咳、鼻水などの症状が出現します。

●上気道症状:鼻閉・鼻汁・咽頭痛
●下気道症状:咳・痰
●全身症状:突然の発熱(38℃以上)・寒気・関節痛・筋肉痛・頭痛・倦怠感・食欲不振

※かぜとの違い
インフルエンザは上記の症状が急速にあらわれ、風邪と比較して症状が重い傾向があります。鼻水や咳などの症状は発熱と同時ではなく、少し遅れて出てくることが多いです。
かぜは発症が緩やかで、熱もインフルエンザよりも低いことがおおいです。また関節痛や寒気などの症状は比較的軽く、咳や鼻水などの症状は発症早期から出現することが多いです。

​検査

「迅速検査」を使った診断を行っております。細い綿棒で鼻の奥の粘膜をこすり検査を行います。

10分ほどでインフルエンザに感染しているのか、また感染しているのはA型かB型かが分かります。
ただし、症状が出る前のウイルス量が少ない時期は感染していても陰性になることがあるため注意が必要です。

※「発症してから〇〇時間以上経過しないと正確な検査にならない」という話があります。
当クリニックでは複数の企業から発売されている「迅速検査キット」から、感度と特異度(検査の正確性)を吟味した「迅速検査キット」を用いております。それでも発症早期だと検査の精度が満足でない場合がございますので、医師にご相談ください。

治療

抗インフルエンザウイルス薬の飲み薬や吸入薬で治療を行います。

下の薬は当院の院内でお渡しできるお薬です。もちろんこれ以外のお薬も処方できますので、ご希望の薬がある方は医師にご相談ください。
その他、必要に応じて解熱薬、咳止め、去痰薬、抗菌薬を投与します。

解熱剤で使われることの多いロキソプロフェン(商品名:ロキソニン)などはインフルエンザ脳症などを引き起こす可能性が高くなるといわれていますので、一般的にインフルエンザの解熱剤ではアセトアミノフェンと呼ばれる薬を使います。

間違った使用を避けるにも市販薬は避け、インフルエンザでも使用できる解熱剤をもらうことをお勧めします。

※薬代は一般的な治療の方の場合の目安です。
※いずれもA型B型両方に効きます。
※医師の指示で用法用量が変わることがあります。