|施術の流れ

ボトックス(メディカルクリニック銀座).webp

1部位:33,000円〜

部位や単位によって金額が異なるため、直接ご確認ください。

Step 1

​皮膚科専門にによる診察

お肌の状態や体調等をヒアリングさせて頂き、必要に応じて患者様に合った点滴をご提案させて頂きます。その際に疑問や相談等ありましたら何でも聞いて下さい。

Step 2

お申し込み

施術の内容についてご同意いただけましたら、同意書をご記入ご記入いただきます。、ご料金のお支払いになります。お支払いは、現金、クレジットカードがご利用可能です。

Step 3

施術

施術は処置室にて行います。 施術部位をよく冷やし、ボトックス注射は5〜10分程度で終了致します。 ご希望の方は表面麻酔を追加することも可能です(脇、ふくらはぎは麻酔込)。まれに内出血が出る場合がございますが、1~2週間ほどで次第に引いていきます。 尚、施術後は通常通りお化粧をしてお帰りいただけますが、ボトックス注射部位をこすらないよう注意してください。 個人差はありますが、効果は3ヶ月~半年程です。 効果が完全になくなる前に追加のボトックス注射をすることで効果がより長く持続しますので、定期的にボトックス治療を行うのがおすすめです。

ボトックス1.JPEG
ボトックス2.JPEG

ボトックス(注射)とは

ボトックス注射は、ボツリヌス毒素から抽出した成分「ボツリヌストキシン」を筋肉に注射する施術です。ボツリヌストキシンは筋肉の動きを抑制する働きがあり、「表情ジワ」のような筋肉によっておこるシワを目立たなくする効果があります。他にもエラ張りをなくし小顔にしたり、脇の皮膚にボトックス注射をうって汗の分泌を抑制したりと、シワ取り以外にも様々な効果が知られています。

ボツリヌス毒素は毒性が高いですが、 ボトックスは毒性を取り除いているため安全です。眼科や神経内科の領域では眼瞼・顔面痙攣などの治療薬として以前から用いられており、上手に使えば多くの美容効果が得られるため美容業界にも普及しました。施術時にメスを使わないため治療時間も短く、手軽に治療を受ける点も急速に広まった要因のひとつです。

シワ取り注射として知られている他の治療法にヒアルロン酸注射がありますが、こちらはほうれい線やまぶたのくぼみのような無表情の時に見られるシワに効果がある手法です。ボトックス注射は、笑ったときに出る目尻のシワや、険しい表情を作ったときに出る眉間のシワなど、表情や顔の動きによるシワに効果を発揮します。

ボトックスについて

ボトックスには「神経の働きを弱め、筋肉をリラックスさせる」という効果があります。ボトックスを使用することにより、ボトックスは、表情によってできるシワを目立たなくする効果や、汗を抑える効果が期待できます。

ボトックスを注射すると、2~3日後にはその効果が実感できるようになり、2週間くらいでピークになります。効果はそのまま3~4か月間ほど続き、その後は数週間をかけて徐々に薄れてきます。

ボトックスを注射した日から半年程度、効果が持続します。(個人差があります)

ボトックス(メディカルクリニック銀座).webp
ボトックスシワ治療若返り.webp

ボトックスによる美容効果

ボトックスを気になるシワの部位へ注入することで、その部分の筋肉をリラックスさせ、シワを目立たなくさせます。ボトックスがもつ「筋肉をリラックスさせる」という効き目を利用した施術です。

老け顔の原因となる眉間やおでこ、目尻などのシワは表情ジワとも呼ばれ、表情をつくる筋肉を長年動かすことで、その筋肉は同じような緊張を繰り返しているため、だんだんと年を重ねるごとに増えたり、深くなったりしていきます。シワが深くなるとメイクでは隠せなくなりますし、シワに入り込んだファンデーションが目立つようになると、疲れた顔、老けた顔という印象を与えてしまいます。

シワができた部位にボトックスを注射すると、表情をつくる筋肉はリラックスした状態となり、その上にある皮膚とともにつくられるシワが目立たなくなります。笑った時の目尻のシワや、怒った時の眉間のシワを作る筋肉がリラックスするため、シワが目立たなくなるのです。シワだけでは無く、加齢とともに深くなってくる「ほうれい線」も目立たなくすることができ、お顔全体での若返りの効果も期待できます。

b_01.webp

|エラ・小顔効果

咬筋(こうきん:エラのあたりにある筋肉)の部位へ注入することで、その部分の発達した咬筋をリラックスさせ無駄な張りをなくし、小顔効果が期待できます。これもボトックスがもつ「筋肉をリラックスさせる」という効き目を利用した施術です。

咬筋は、何かを咬むときに使われる筋肉です。食事のときにものを噛んだり、歯を噛みしめたりしているのは、咬筋の働きによるものです。普段から、歯ぎしりをしたり、歯を強く噛みしめるような動作(瞬発力を発揮するようなスポーツなど)をしたりする方は、咬筋が発達してエラが張ったようなフェイスラインになります。この部分の筋肉にボトックスを注射することで、発達した咬筋をリラックスさせ無駄な張りをなくし、小顔効果が期待できます。 (注:エラの骨が張り出している方はボトックスの効果は期待できません。)

|肩こり・肩すっきりライン効果

肩の筋肉にボトックスを注射すると、筋肉がリラックスすることで肩こりを和らげ、首から肩にかけてのラインがスッキリし、首を長く見せることができるため、小顔効果が期待できます。これもボトックスがもつ「筋肉をリラックスさせる」という効き目を利用した施術です。

咬筋への注射と合わせることで、より一層の小顔効果が生まれる為、注目されています。

肩や首の筋肉が強く緊張した時間が長くなると、筋肉が発達して首は太く、肩全体のボリュームも大きく見えてしまいます。

この部分の筋肉にボトックスを注射することで、筋肉がリラックスし肩こりを和らげ首から肩にかけてのラインがスッキリし、首を長く見せるという効果も期待できます。

咬筋に注射する小顔効果と、同じ効果が期待できるのです。

|ふくらはぎ・スタイルアップ

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)にボトックスを注入することにより、ふくらはぎを全体的にスッキリとさせ、綺麗なラインをつくる効果が期待できます。

筋肉の発達によりふくらはぎが太く、ししゃものようにポッコリと張り出している方にお勧めの施術です。

ふくらはぎのライン(カーブの形や太さ)は、骨、筋肉、脂肪の3つが影響しています。

筋肉は脂肪よりも落とすことが難しいため、筋肉が発達して張り出している部分は、ダイエットによるスタイルアップ効果が高くありません。

そのため、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)にボトックスを注入することにより筋肉をリラックスさせることで張りを抑え、女性らしいほっそりとしたふくらはぎへのスタイルアップが期待できます。

ボトックスふくらはぎ-1.webp

|ワキガ・汗とめ

脇や、汗をかく部位にボトックスを注入することにより、ワキガの匂いや、汗を止める効果が期待できます。
ボトックスには「神経の働きを弱める」という効き目もあり、この効果を活かして汗を抑える治療として使われます。

汗は、皮膚にある「汗腺」から分泌されて(あふれ出して)きます。汗腺には、比較的深いところにある「アポクリン腺」と、比較的浅いところにある「エクリン腺」があります。

「アポクリン腺」は、脇・耳の中・乳輪・陰部や肛門などにあり、べたべたした汗を出します。
一方の「エクリン腺」はほぼ全身にありますが、さらさらとした水のような汗を出します。

多汗症は主に「エクリン腺」からの汗の分泌が多いことが原因です。しかし、同じ脇でもワキガは主に2種類の汗(「エクリン腺」からの汗と、「アポクリン腺」からの汗)、さらに皮膚の表面にある脂肪や、空気中の雑菌がまじりあうことで、嫌なニオイを出すようになります。

例えば、暑いときに脳が「汗をかけ」という命令を出すと、その命令は神経を通じて汗腺に伝わります。すると「汗腺」にある汗の出口がゆるみ、汗腺の中に溜まっている「汗」が皮膚の外側に出てくるのです。

汗が気になる部分にボトックスを注射すると、脳から「汗腺」への命令が伝わりにくくなるため、体の外へ出てくる汗が少なくなる、という仕組みです。

ボトックスわきがのメカニズム.webp

ボトックスの安全性

ボトックスは、美容医療の一つであるシワ取りやワキガ治療などで注目されていますが、薬剤としては「眼や顔面への治療」という目的で使用され始めた医薬品です。つまり、安全性が高いという面があります。

眼科で使用する医薬品としては、左右の眼がそれぞれ違う方向を向いてしまう「斜視(しゃし)」に対して、ごく少量のボトックスを注射することで眼の動きを調整する効果が期待されました。やがて、まぶたがピクピクとケイレンしてしまう「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」の治療薬として、さらには顔面の痙攣に対する治療薬として発展してきました。現在では、世界80か国以上の国で治療薬として使用されています。

使用メーカー「アラガン」

「ボトックス」と呼ばれる薬剤は、いくつかの医薬品メーカーが製造・販売しています。

メディカルクリニック銀座が採用しているのは、この中でも「アラガン社」という医薬品メーカーが製造・販売している薬剤です。

アラガン社はアメリカの医薬品・医療機器メーカーです。「ボトックス」という名称は、米国アラガン社のもつ登録商標であり、世界中で「ボトックス」と呼べるのは、アラガン社の「ボトックスR」と「ボトックスビスタR」だけです。中でも「ボトックスビスタR」は、2009年に厚生労働省によって製造販売を許可されており、日本では唯一の「眉間のジワ又は目尻の表情ジワの治療に使用できるA型ボツリヌス毒素製剤」として使用されています。

近年は、アラガン社製の薬剤ではなく、中国や韓国で製造された安価な製品も出回っているようです。それをボトックスとして施術を行うところもあるといわれており、注意が必要です。ボトックスと呼べるのはアラガン社の製品のみ。メディカルクリニック銀座ではもちろん、アラガン社の薬剤を使用しております。

ボトックス・アラガン(メディカルクリニック銀座).webp

ボトックスのデメリット

ボトックスの注射には、想定されるいくつかのデメリットがあります。メディカルクリニック銀座では、医師によるアフターフォローをしっかりと行っておりますので、少しでも気になることは遠慮なくご質問ください。

▶︎薬剤へのアレルギー:ボトックスは安全性が確立されているとはいえ、やはり「医薬品」ですので、アレルギー反応を起こす方もいるようです。これまでにボトックスへのアレルギーを指摘されたことのある方は、施術を受けることができません。他の薬剤などでのアレルギーのある方は、医師の診察により施術可能かどうかを判断させて頂きます。

▶︎施術による痛み:注射ですので、針を刺す痛みはあります。また、お顔の表面に近い部位への注射や、脇への注射など、人によっては痛みを感じやすい部位への注射ですので、施術中に痛みを感じた時は、遠慮なくお知らせください。医師の診察を行うことがあります。

 

▶︎施術後の赤味や腫れ:ボトックスは、人の体にとって安全な薬剤ではありますが、体の中にごくわずかとはいえ異物を入れることになります。施術後すぐにメイクができる患者さまが大多数ですが、中には多少の痛みや赤味、内出血などが気になる方もいらっしゃいます。必要に応じて、医師による診察とアフターフォローを行います。

 

▶︎ボトックスによる副反応の可能性:いくつかの副反応が起こる可能性があります。いずれの場合でも、ボトックスの効果が消えてくると解消されてきますが、数か月かかることが多いため、医師によるアフターフォローが必要となります。